気ままに!

はじめまして。 房総半島の田舎に暮らす、体内年齢79歳のつやこさんです。 勘違いの人生でここまで歩んできました。 残りの穏やかな日々をここに記したいと思います。 旦那と息子とまご爺(愛犬フィーゴ)の4人暮らしです。 よろしくお願いします。

あわてんぼの婆

今朝 愛犬フィーゴが天国へ召される の 記事を10月21日に入れ込み(しゅん)

戻らない・・・書く元気無い もし観覧なさる方が居りましたら 10月21日の

(愛犬フィーゴ天国へ)を見てね

f:id:hettare:20171120145728j:plain

愛犬記録3

10月18日午後10時10分 タール便に変わる 水分も100程度 食事不可

鳴くこともなく  頭を上げても直倒れ  眼も明けず 朝のみ顔を曲げ 

綺麗な目で優しく見詰める 息は3秒に1回 ゆっくり落ち着いた呼吸

毎朝、愛犬の腹の動きに目が行く つい2~3日前迄 泣いたり動いたり

見えない白内障の目で 不安いっぱいの顔 朝方4時頃 私の手中で睡眠に入る

 

今は・・・・静かな呼吸さえも 私の耳に届かない

愛しい子よ 良く頑張ったね もう頑張らなくていいんだよ

ゆっくり ゆっくり休み そして旅立ち 自分の幸せな、心地良い世界に!

愛犬・・・愛を与える犬 たくさんたくさん愛を貰ったよ ありがとう!

別れの時期迄 私達が愛で包み込むよ・・・愛する犬

 

今 お兄ちゃんが帰ってきたら 手をポンポンさせ 目を開け 体交換を促し 

水、食事はしないが、しっかり起き上がり 目で兄を追う 一寸の元気(微笑)

f:id:hettare:20171119160249j:plain

 

 

 

記録2

愛犬フィーゴ昨日より 水分摂取が少ない 何度なく促すが 首をそむける

f:id:hettare:20171117195527j:plain

現在はこの写真より リンパ腫は大きくなり 手、足脚もパンパンに!!

          人間が苦しい時 唇を強く噛む まご爺も上唇を強く噛む

寝ている時が幸せそうに感じる 楽しい夢を観ながら そのまま夢の中に埋もれて欲しい。

愛犬記録1

久し振りの野外 10月27日以来 今日は東南側の庭 サングラス掛け

f:id:hettare:20171116093340j:plain

草原とは言えないが 自然を身体いっぱいに浴び 首を上げ幸せのドヤ顔 思わず笑

前は暑い位で2時間 今日は風の冷たさを感じる 日差しは暖かいが 気持は良いかも

8時半の庭に出ました 2時間後は室内かな? 次に外に出るのは? しかし重い(笑) 

まご爺フィゴと同様 爺婆も歳を🐓 💪が弱くトホホ 歳を(タス)で無く(ヒク)

体力身体が(ヒク)なら同様? やはり、年を取るとは枯れる 枯葉よぉ~♪♪♪♪

孫爺フイゴが足腰が弱くなった頃 いつもいつも思って居た 赤子の様に負ぶえたら

散歩に疲れた時 どんな坂 どんな道 私の背中に愛犬の心音を感じ 昔の母親の様に

f:id:hettare:20171116102626j:plain

変わる生活

生活を共に過ごした   仔犬から孫爺に育った   愛犬フィーゴ

苦しい生活を共に生き  大人になり親孝行&援助  長男の息子

 

息子は愛犬より一歩先  130坪土地にマイハウスを買い 自立

*長男・・ぼちぼち荷物を揃えつつ 8日マイハウスに移住 (偉い)

 

愛犬フィーゴリンパ腫  リンパ腫告知から3ヵ月24日 頑張る

*孫爺フイゴ・・7月21あご下にしこり リンパ腫告知 

        8月 歩行ゆっくりだが2キロコース散歩

        9月 近くを気ままに散歩 歩行中、脚がもつれる

           立ち時辛そう 座る時、脚足を滑らせ腰を降ろす 

        9月21日 足腰サプリメント終了

        10月3日 足腰が立たない

        10月(心臓下)右向きのみ上半身動く

           便、尿、食事、水分補給 ウォンウォン吠え知らせる(笑)

           室内犬だが、排泄は外の為 嫌がり・・・

           白内障の為 夜は怖さ寂しさで 朝4時半頃迄良く鳴く

        10月1日2日   布団ごと外に出す   排泄を催し

                 自分でヨロヨロ立ち 庭にて 頑張った

        11月 10日より夜鳴きをしない?

           11日お腹パンパン腫れる 尿、回数が減る 脚も腫れる

      

 若き日々の愛犬・・・まだまだ孫爺には程遠い 笑い そして可愛いいねぇ

f:id:hettare:20171114202736j:plain

 

 

 

  

          

旅立ち

愛犬フィーゴ旅立ちより早く 愛息子10月30日旅立つ

息子は一人暮らし 自立で有る 精神的、生活面で随分助けられた。

私から息子を助けたいと思う気持ち だが無力 旦那は無関心人間 

私の相方は 自分以外何も 見え聞こえ無い 愛するは自分呑み人生

要する悪い意味の変人 自分を思いやる気持ち満杯 他人にはサラサラ無

70年変わる事無く 人生を生き続け 自分の行動が人、物を傷付けた事を

考える能力も反省も無く 他人の気持をズタズタ踏み 意見すると逆切れ

強い者に弱く 弱い立場人に強く しかし自分では感じて居ないのが困る

永い間大変大変だったね 親子で有るが為に まだまだこれからも・・・

良き旅立ちを心から祈ります

  母より  辛さは (一本)踏み出せば 幸に換る 良き人生を!!

 

  

 

旅立ち

平成16年9月12日 小さな箱に 愛を一杯詰め込んだ

名犬雑種(名無犬) 2ヶ月たらずの子犬が舞降りる 

里山の自然を一杯浴び 逞しく 優しく 愛くるしく

春は桜 秋は楓   花びら、落葉が舞い踊ると共に

愛犬も喜び舞う 私の心も舞踊る日々・・・・

 

突然のリンパ腫告知 愛くるしい姿 いとしい行動

頭に焼付 あとわずか余命 たくさんの愛を貰ったね

旅立つまで私達が  沢山の愛を返す時だね

心安らかに逝く時期まで 愛をこめて尽くすよ

        愛犬フィーゴへ 愛する家族より