人間と言う名の動物(第一章)

はじめまして。 房総半島の田舎に暮らす、体内年齢79歳のつやこさんです。 勘違いの人生でここまで歩んできました。 残りの穏やかな日々をここに記したいと思います。 旦那と息子とまご爺(愛犬フィーゴ)の4人暮らしですが、次男が他で生活しています。宜しくお願い致します。

愛犬49日

人間で言う49日です 只今22時33分 外は久し振りの雨です。

明日は暖かいと天気予報が言って居たな・・・

今晩は雨 綺麗に、この世の苦悩を流し旅立つ 素晴らしき贈物を添え

明日は暖かい日差し 冬の寒さを封じ込み 一刻の幸福 愛犬から感謝

最初で最後 表現を見せる事が出来たね

 

たくさん たくさんの思い出 私達の心、映像に刻み込まれて居るよ

🐕愛犬2匹 セキセイインコ 🐇うさぎ 心を持つ尊敬する生き物

感謝 感謝 有難う 有難う 

2018 1月8日 23時20分

        2017 11月20日 4時20分頃

                   天国へ召された愛犬

 

明日からの生活・・・・・・・

人間と言う名の動物(第二章)

11月愛犬の永遠の旅立ち  10月長男の自立の旅立ち 

12月次男の帰家   2017:12月家族構成が変わり

爺、婆 言葉を交わさない息子の生活 自立息子、時たま来家

私自身、霊感等の要素は何も無いが 12月1日愛犬が東側の庭先

人間で言う 背筋を伸ばし正座状態 凛々しい顔で室内を見詰る姿

ええええぇぇーーーーなに? 夢? 2日次男、何年ぶりの里生活開始

愛犬は次男の犬でした 次男が家を出て帰る際 何処まで追いかけたのか

かなり追いかけ走り込んだのだろう・・家の近くで息を切らし座り込んで

近所の方に(疲れて居る様子だよ)と 伝えられた事もありました。

次男が家を出た後は、帰る方向を、いつまでも いつまでも見つめていた

待って待っていたんだね 次男が家を出てからは 長男も可愛がってくれ

朝、仕事に行く時間は窓を開けお見送り 仕事終えは玄関お迎え

時間に帰って来ない時は 玄関を開け庭にて待機 冬は寒かった((笑))

愛犬は私達が、この土地に越した半年後の来ました。約5年間,家族が皆

働いて居た為 寂しい思いをさせました 仕事に行く際 窓に就けた

不安気 寂しさの入り混じった顔を見るのが 家族皆辛かった。

2018 1月より(第二章)の始まり まあ、婆の独り言ですが( ´艸`)

 

 

 

月命日20日

つい最近、猿の記録映像をテレビで観た 

 

 1匹のメス猿が仲間に虐められ離れ

若きメス猿は 自分みずからメス猿と共に離れ 縄張り確保記録

 

2匹が共に助け合い 縄張りを待たず逃げ回る生活 

食料も無く子猿は体力、ストレス ついに体力の限界 母の膝元にて・・・

2匹の親猿達 逃げる事を辞め闘う行動に出た

小さいながらも自分達の縄張りを確保 

もう逃げる事も食事の心配も無 苦悩な道程

 

私は子猿の死を 自然界で親元での他界 良かったね!

と思いつつ涙が止まらない

他の動物 人間、犬 身近の他界 声にならないぐらい 泣いて鳴いて 

親猿達も 相だったのかな~ それが自分達を守る 

闘うきっかけにと考えたりします。

 

愛犬が亡くなり 月命日1ヶ月 

子猿も愛犬も 頑張って頑張って 尽き果てたんだね

偉かったね あなたたちの楽園と思う場所で幸せに過ぎしてね

23日はスターウオーズを観に行きます 

約13年間過ごした愛犬の思い出

スターウオーズにもありますが、またの機会に  2017 12:23

 

 

 

 

愛犬初七日目

f:id:hettare:20171127170808j:plain

f:id:hettare:20171127170841j:plain人間で言う初七日? 病魔に侵された日々を振り返る。こころの在る愛犬でした。

なんでも そうなのだが 後になり あの時の行動は態度は そうだったのか?

と、感じたり思い当たる事が在り 悔やまれる事はたびたびあり哀しみが積もる

 

7月21日リンパ腫告知  8月いっぱい、9月前期 2キロの道のりを散歩

9月前期は疲れが感じられ車でお迎え 本犬も心得て居り 車が着くなり乗り込む

お利口さん微笑( ´艸`) お疲れさん お疲れさん いい子いい子だね

9月 家の周りを散歩 階段も歩行も 足が思う様に動かず 躓き多く 座る時は

脚を滑らし腰を降ろす。8、9月は 死期を感じて居たのか?自分の為に必死に生きる

 

10月1、2日のみ自立で1回ずつ排泄 3、4、5日排泄無し 6日からシート使用

室内犬だが 排泄は外の為 シートに慣れるまで・・・12日頃から慣れて

排泄を終えるとウォーンウォ~ンと知らせる(笑)水、食事も吠えさいそく(良い子)

左向きのみ上半身が起きたので 食事の与えが楽でした。

11月10日より鳴きが無くなる 11日全身パンパン 12日から尿が少ない

17日水分少量、食べ物拒否 寝たきり状態多く時たま目を開ける 18日よりタール便

褥瘡予防の為体交換をしたのだが 右向きが嫌いで、目が恐怖の怯えて可哀想で・

辞めたかった.

自分で考え 足をバタバタさせ 背中を擦るポーズで向きを変えて居た(お利口さん)

私達の思い出作りに 必死に生きようと頑張ってくれたね(感謝を込めて有難うね)

 

悔いが無いと言えば嘘に成るが 私達が愛した愛犬も 私達に愛を与えてくれた愛犬

リンパ腫告知から約4ヶ月 共に生き充実な日々だったと思います。

愛犬の部屋に愛犬は居ないが 不思議と寂しさが無く・・愛犬が徐々に自分の存在を

消していった様に思える  ありがとう愛を与えてくれて 私達の愛した愛犬

                        初七日  2017年11月27日

 

 

あわてんぼの婆

今朝 愛犬フィーゴが天国へ召される の 記事を10月21日に入れ込み

戻らない・・・書く元気無い もし観覧なさる方が居りましたら 10月21日の

(愛犬フィーゴ天国へ)を見てね  と 書きましたが長男の息子が直してくれました。

f:id:hettare:20171120145728j:plain

愛犬フィーゴ天国へ召される

f:id:hettare:20171120100950j:plain

 

今朝4時20分頃天国へ召されたのかなぁ?

お尻のシート取り換えを・・・息 動きを感じない!!

すでに息絶えて居る!まだ温かいぬくもりを私の手に感じる

ひとりで、行っちゃった 目が潤み 声にならない鳴き

身体を拭き 布団を整え タオルを掛け 水を含んだガーゼ

愛犬フィーゴの口に・・・ 暫く抱きしめお別れ 嫌、旅立ちを祈

我家の東南側の庭 4枚引き戸正面前 8時20分埋葬 ありがとう

とても良い顔 身体も苦しんだ様子も無く すこやかに召されたかな?

私達もフィゴも 悔いの無い 最期を迎えたと感じます。

 

2017年 平成29年 11月20日 午前4時20分頃 天国へ召される

 

 

愛犬記録3

10月18日午後10時10分 タール便に変わる 水分も100程度 食事不可

鳴くこともなく  頭を上げても直倒れ  眼も明けず 朝のみ顔を曲げ 

綺麗な目で優しく見詰める 息は3秒に1回 ゆっくり落ち着いた呼吸

毎朝、愛犬の腹の動きに目が行く つい2~3日前迄 泣いたり動いたり

見えない白内障の目で 不安いっぱいの顔 朝方4時頃 私の手中で睡眠に入る

 

今は・・・・静かな呼吸さえも 私の耳に届かない

愛しい子よ 良く頑張ったね もう頑張らなくていいんだよ

ゆっくり ゆっくり休み そして旅立ち 自分の幸せな、心地良い世界に!

愛犬・・・愛を与える犬 たくさんたくさん愛を貰ったよ ありがとう!

別れの時期迄 私達が愛で包み込むよ・・・愛する犬

 

今 お兄ちゃんが帰ってきたら 手をポンポンさせ 目を開け 体交換を促し 

水、食事はしないが、しっかり起き上がり 目で兄を追う 一寸の元気(微笑)

f:id:hettare:20171119160249j:plain